Blog

Takahiko Wada (Twitter, GitHub)
Software engineer / Tokyo.

OpenNIのインストールでつまずいたトコ2つ

February 22, 2012

KinectのSDKには
マイクロソフト純正のものと
KinectのOEM先が公開しているOpenNIってのがあります。

OpenNIのほうがwindows7以外にもインストールできるとかのメリットがあるけど、
なにぶんインストールが難しいです。

今回は自宅のWindows Vistaにインストールしましたが、やっぱりつまづきましたのでメモを残しておきます。

ここのサイトの情報が新しいっぽいので、まず参考にしました。
Kinect Wiki

手順に沿ってファイルをダウンロードしてインストールしていきます。
全部インストールしてサンプルプログラムを実行すると。

OpenNI.dllがみつかりません(つまづきポイント①)

やはり順調にはいかないようです。

結果的に
→サンプルプログラムと同じディレクトリにOpenNI.dllをコピーして解消しました。

C:\Program Files\OpenNI\Bin\OpenNI.dll
↓(こっちにコピー)
C:\Program Files\OpenNI\Samples\Bin\Release

The environment variable could not be found(つまづきポイント②)

ぬぬ。まだ上手くいきません。
翻訳すると環境変数ですね。

結果的に
こちらのページを参考に環境変数を3つ設定して解消しました

変数名

変数値

XN_HOST_PROTOCOL_ALGORITHM_REGISTRATION

0x40

XN_SENSOR_PRODUCT_ID

0x02AE

XN_SENSOR_VENDOR_ID

0x045E


Archives
2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004