Blog

Takahiko Wada (Twitter, GitHub)
Software engineer / Tokyo.

フラワーロボティクス 松井龍哉氏トークイベント

March 02, 2009

ロボットデザイナー松井龍哉氏(フラワーロボティクス)のトークイベントに行ってきました。
デザイナーさんということでロボットの外観とかの話かと思いきや、
ロボットを普及するためのビジネスデザインにも話は至り、非常に興味深いお話でした。

現在のロボット業界は、
・エンジニアの理想
・実現可能な技術
・ホントに必要なロボット
・消費者のロボットイメージ
にどうもギャップがあって上手くビジネスが成立していないように思います。

その点、フラワーロボティクスのマネキンロボット
そのバランスが絶妙だと思います。
見た目もいわゆるロボットっぽいし、技術的にもあまり難しくなく、実際に役に立っている。

あくまで役に立つロボットへのこだわりを感じました。

印象に残ったトコロをピックアップ!

プロダクトデザインは、まず使用シーンから。 使用シーンをイメージすることでどういうデザインが良いかイメージできる。

これはエンジニアにも必要な観点ですね-。
技術だけの自己満足にならないように。

(デザイナー学生に) まず建築を勉強しなさい

建築のデザインは使用シーンをイメージしないと出来ない。
↑の理由で、建築デザインから使用シーンに適したデザインを習得できるとのこと。

ミケランジェロやダヴィンチの作品は 当時の最高テクノロジーを用いていた

石を削ったり運んだり当時の最高テクノロジーを用いていたとのことです。
現代の最高テクノロジーを用いたロボットという芸術。
ロボットをそういう視点で考えたことがなかったので新鮮でした。


Archives
2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004