Blog

Takahiko Wada (Twitter, GitHub)
Software engineer / Tokyo.

スポーツ選手の本~ 察知力by中村俊輔、日本人の足を速くするby為末大 ~

August 31, 2008

最近、オリンピックの影響もあり
スポーツ選手が書いた本を読みました。

察知力  中村俊輔(幻冬舎新書 な 4-1)
日本人の足を速くする  為末大(新潮新書 213)

一流選手の
考え方やモチベーションのコントロールは
スポーツという枠を越えて参考になります。

それと今回は
サッカーと陸上という全く毛色の違う競技の選手なので、
その違いも面白かった。

サッカーの中村俊輔選手は
タイトルの”察知力”の通り
監督が自分にどんなサッカーを求めているか?
周りのプレイヤーがどんなプレイを求めているか?

を”察知”するよう常につとめてきたようです。
一言で言うと、とても空気が読める人なんだな、と思いました。

それに対して陸上の為末選手は
骨盤の角度がどうなってるか?
どの部分の筋肉のハリがどうなってるか?

など極限まで自らの肉体と会話しながら、速く走る方法を追求してきたようです。

そんな中、
自分は陸上選手だったからか、
為末の話からは、とても共感する部分が多かった。
逆に俊輔の話では、自分に無いものを発見する点が多かった気がします。

以下、心に留まったフレーズをピックアップ‥
察知力  中村俊輔


(サッカーノートについて)
自分の気持ちや考えを整理できる

自分のことを客観的に見つめることができるようになった

過去の自分の歩みが綴られているから、‥色んなことを再発見できる

体験を記入しておくことで、人生の無駄な時間を節約できる

ワタミ社長なども日記を書くことを薦めています。
僕はトライしたものの、なかなか続かない‥、けど、その効果はすごくあるんだろうなと感じさせられます。


刺激がなくなったとき、それを手にするために環境を変えることは、一つの手段として、当然の選択だろう。
しかし、ただ環境を変えるだけではダメだと思う。
「未来の自分」「なりたい自分」を想定し、そのために必要な環境を選ぶこと。

ただ環境を変えるだけでは、何もプラスにならない。なぜなら、環境を変えることが現状逃避で終わってしまうから。

Jリーグから、欧州リーグへ移籍するときの話。
サラリーマンの転職なんかにも当てはまる、いいお言葉だと思いました。


「課題が見つかったぞ良かったな」

プラスに持っていく努力をすれば、何かがつかめる
壁から逃げなければ、得るものが大きい

大きな目で見れば「失敗」はない。
その瞬間は失敗だったと思うかもしれない。でもそれを次に活かすことが出来れば失敗にはならない。

プラス思考を徹底してるのを感じます。
スポーツ選手の、プラス思考なモチベーションコントロールは参考になります。


安定してうまくいき続けるときこそが、危機だ

Jリーグ5シーズン目で、マリノスにも慣れてきた頃の話。
常に危機感を察知してきたとの事。
プラス思考と楽観思考が違うことを感じさせられます。

日本人の足を速くする  為末大


「まず動いてから考えないと遅い」ことに気付いたのです。

無茶が必要な時期もあるのではないのでしょうか。

(周りの人は止めたが)世間のアドバイスというのは、「こうしたほうが安全なことが多い」
という統計的な経験値によるものだと思います。

自分が計算できる範囲で成し遂げることなど、高々知れています。

大阪ガスのサラリーマン選手を辞めて、
フリーになる決心をしたときのこと。
躊躇しているときには、背中を押してくれそうな、お言葉です。


自分で考え、自分で決めたことを、自分の体で試していくのは、実に楽しい作業です。

自分の脳で突き止めた上で行うトレーニングは、上から降りてきたメニューをこなしている場合とでは、効力が雲泥の差になるのです。

コーチをつけずに、練習メニューを自分で考えてる為末選手。
仕事でも主体的に考え行動するほうが、楽しさも効果も倍増するのかと思います。
頑張らねば。


精神も極限まで張り詰めるためには、一度完全にリラックスする必要があります。

コンディションの調整が命な陸上競技。
精神のコンディション調整も、もちろん大事。
やっぱり、リラックスする時期が必要なんだな。


Archives
2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004